連載前には、『週刊文春』のデスクから「せめて10回は続けてくださいね」と言われ、OL委員会という名前がつけられました

ラマダンは住民がイフタール食品を販売して収入を増やすための最良の機会であると述べました